BRZ+EFR

86/BRZ車いじりのブログ

前提の話

間延びしちゃった間あるけど、なんで走る上でボディ補強っているの?いう部分をまったく話してなかったので書いてみた。わりと長いのでちょっと興味あって時間あるかたどうぞ。

↓めんどい話はとばしたまとめは↓

 

 

f:id:d_n113:20170909063810j:plain

ちょっと別分野の話っていうか、サスペンション絡みの話になってきたりもするけど、ドライビングは荷重移動の連続で成り立っている。Gを回すとかそういう表現でいいかもしれない。

どこのダンパーにどれだけ荷重を移して、タイヤをグリップさせて、または抜いて・・・その時の姿勢だったりうんぬん・・・ってのがドリフトじゃよく話す話題だけど(グリップはしらね)、ストラットからストラットに力を伝えることで荷重移動が起きている。

図のA左右とB左右4か所に力がつたわって荷重移動がおきるイメージ。

荷重移動がおきてアシが動いてタイヤがグリップしてっていう工程ができてくるわけで、ボディは過重移動の最初兼、アシが仕事しだしてからは土台。

橋渡しと土台が動いてたらアシは仕事する時間減るし、仕事してからも不安定だからタイヤつぶせんし・・・であんましいいことないっていうのは想像しやすいと思う。

図でいうと色が濃くなってるボディの部分が硬い素材でできてて、白っぽいとこは錆びにくいただの鉄板が使われてるんだけど、車はだいたいこの濃い部分と白い部分の境目でヨレがでやすい傾向にあると思う。フロントのストラットタワーなんかは真っ白。っていうか人が乗るエリアより外側は強い素材ってあんまし使われてないんだけど、なぜか。衝突安全(パッシブセーフティ)の為、壊れてキャビンを守らないといけないエリアだから。

ほとんどの自動車は宿命的にクラッシャブルエリアにストラットが収まるエリアが存在する。あえてやわく造らないと新車の検査で衝突安全性能が満たせないから。

ぶっちゃけ剛性足りてないのなんてメーカーもしぬほどわかってるけど、車を作るときのルールを守らないといけない。売った後の車検には衝突安全基準ってあんましかかわってこない(外部突起は別)から純正アフターパーツとかでタワーバーとかトラスバーとかでてるのはそういうからみ。

別件で、スポーツ走行するうえで安全ボディのクラッシャブルエリアって残しとくと万一役に立つの?って気になるけど速度に依存するのでケースバイケース。120km/h以上出るコースだったらもうあんまし意味なさそう。

それ以上に影響が出ちゃうのが前述の力の伝達。

大体サスペンションの話をするときって土台が剛体であることが前提で話されるけど、ボディは完全な剛体ではない。

図のAからBに荷重を移すまでにラグが出てしまったり、ボディのしなりにエネルギーをとられてうまく力が伝わらなかったりする。これがボディ剛性だと自分は思っている。

 

じゃあとにかくAとBを直結させりゃあ早いじゃんね!って話になりがちなんだけど、実はそうでもないっていうのが図の★マーク。

ボディは操作フィーリングをドライバーに伝える役目ももってて、

★Cはフロントタイヤからの入力、ステアフィールとかを出す。

★Dはだいたいここらへんのラインにシートフレームの後ろのボルトがささってたりするんだけど、リヤタイヤからの入力、リヤ挙動を伝える役目。ドライバーのお尻とか腰にインフォメーションを入れる。

この2つを無視すると車からのインフォメーションが無い(希薄)な車になって限界挙動が見えなくなっちゃうのでスポーツカーとしては無視できない(トラックとかラダーフレームの車だとスリップの感覚がよくわからなかったりするけど、ここら辺の影響が大きいとおもう)→AからBに行く伝達経路を作るにも、力の伝達をいったん落とす必要がでてくる

 

 

f:id:d_n113:20170909071203j:plain

するとまあだいたいこういうみたことあるようなかんじになるよね。手描きでごめんなさい。

 

かつここにキャビン間の伝達速度アップを考えると

f:id:d_n113:20170909071440j:plain

 

あーうん、こういう激しいのあるよねって感じになってきて

でもまだAとBつながってないよね?ってのを考えると

f:id:d_n113:20170909071841j:plain

あーうん、よくみるやつだねって感じになります。前の記事に書いたFロアアームの件は今は無視して描いてます

あとは左右B間つなげたりする必要もありますが、文字数きついのでここまで。

ここまでくるとどっかの足からどっかの足にGを移した時の踏ん張りはじめのタイミングがかわってきます。舵を入れた時の荷重の移り方も。

 

 

 

 

逆に硬め過ぎってどうなんだ?って話もききますが、

たしかにボディのヨレで限界挙動をマイルドにするっていう考え方はあると思うし(そういうクルマにも乗った)、ボディはどこまでいってもバネで、なるべくかったいバネにしかならないわけですが、

限界挙動はサスペンション側でセッティングしてもらって、ボディは純正剛性の延長線上で補強していってなるべく動かないほうがいいよねっていうのが自分の考えです。

意図的に折れを作って結果面白いクルマになったものも見たことがあるので、それを探るのもボディの魅力なんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

 

※へんな言い方ですが、ボディはゲームでいうとこの大体10~20フレくらいレスポンスに差がでてる感じあるので、格ゲーやってる方なら違いが分かりやすいかも?

足周りの人間的なセンサーも必要になってきますが・・・

 

さてちょっと何が言いたかったかわかりづらくなりましたが

かんたんまとめ
  • ボディはしなる。故に荷重移動にラグが出る。
  • ラグと同時にしなり分でエネルギーが減るからアシを動かすエネルギーが減る
  • アシが動かない間はタイヤグリップは発生しない
  • 操作もとい、グリップが出るまでのラグを減らすのがボディ補強
  • 安全ボディを「殺す」のがボディ補強だったりする
  • ほかにもいろいろやってるのがボディだから固くしすぎず、抜きどころを考えるのがボディの楽しみ(かもしれない)

 

補強パーツ選ぶときは自分がどこのどの部分をとめたいのか考えてみてもらったら余計なお金かけずにすみそうなのでぜひ考えてみてください。

※前後のボディ剛性が変わると前後のロール剛性がかわるのでサスペンションのリセッティングが必要になる場合があります。

 

車ってむずかしい・・・