BRZ+EFR

86/BRZ車いじりのブログ

低バネレートの意味【ドリフトにおける挙動別リヤサスセッティング案】

f:id:d_n113:20171110231200j:plain

最近周りでやたら低バネレートセッティングを推す人を見かけるけど、ちょっと待ったそれちゃんと考えてる?

 

大会上位陣が低バネだから低バネっていいんだ!真似すりゃ勝てる!みたいな思考でやってない?

 

っておもったので自分の経験をふまえ、ドリ車におけるバネレートの考え方を書いてみることにした。異論はみとめる!

グリップはわかりません!

※フロントは自分の場合はリヤとの兼ね合いだったりするので、今回はリヤのバネレートを変更した場合についてのお話。

 

 

 

 

 

 

まずは高バネレートを使った場合と、低バネレートを使った場合の傾向をまとめておく。

 

高レートスプリングを使った場合の傾向

  • (バネをちゃんとたためた場合)トラクションそのものは出やすくなる(タイヤのキャパにもよる)レスポンスもよくなる
  • ショートストロークでもトラクションを確保しやすい
  • ふり返し時の跳ね返りも強くなる
  • 悪路の場合バネをたたむことができなくなることがある→トラクションがかからなくなる
  • 接地性能的に路面をえらぶ
  • 1Gからの伸びが減りすぎると振り出しでリヤがすっ飛ぶ傾向になる

 

低レートスプリングを使った場合の傾向

  • バネがたたみやすいので姿勢をつくりやすい
  • MAXトラクションは低いけどMAXまでもっていきやすい
  • レスポンスはよく言えばマイルド、悪く言うとだるくなる
  • 雨が降っても最低限のトラクションを担保できる
  • ストロークしやすいからストローク不足になりがち
  • 伸びが多めの傾向になるので振り出し、振り返しで引っかかり気味になったりすることがある

 

 

 

 

 

また、ドリフトはエキスパート以上になると追走をこなす必要がでてくる。

自分と同じくらいのペースで走れる車ばっかりならさして問題はおきないけど、大会になると自分より遅い車、区間的に詰まる相手なんかがいて速度調整が必要になる。

調整といってもドリフト中にブレーキ踏んだり(踏んだりもするけど)したら姿勢が乱れて再加速しづらくなっちゃったりするから別に減速というか、待ちができる車を作らなければならない。

そんな追走能力を必要とされるランカードライバーが欲しがる特性はこんな感じだろう。

ランカードリフトドライバー(エキスパ以上~)の嗜好

  • 空転しつつタイヤを食わせる足がほしい
  • 追走ありきなので常に加速姿勢をキープしたい(アクセルを任意のタイミングで入れられる状態でありたい)
  • 待機中に路面が変わることはザラなので安定姿勢が作れる最低限のトラクションは確保したい
  • でもMAXトラクションも欲しい(先行用)
  • でも踏んだ状態で待てる領域も欲しい(後追い用)

疑似バリアブルバネレート

じゃあランカードライバーはそれを実現させるためになんで低バネになんの?って話になるけど、

彼らは(おそらくきっと)メインスプリングの他にバンプラバーを吟味してバリアブルバネレートで使っていると思われる。

そしてコースごとにバネとバンプラバーをセットで使い分けている。

○○走るときはバネなんキロでバンプなんミリで。みたいな。

沈み込みやすいエリアはメインスプリング(姿勢作り)
途中からバンプタッチさせ始めて実スプリングレートを上げていく→トラクションを出す領域
バンプラバーの変形量が大きくなって実バネレートが急激に立ち上がる領域→アクセルを踏み込んでも空転するだけ

っていう特性をつくって、多少雨が降っても、対戦相手が自分より遅くても、自分がハイパワーかつハイグリップなタイヤを履いて絶対的なスピードさえ持っていれば後は腕の勝負になれるような足回りを作っている(はず)

 

 

 

 

f:id:d_n113:20180716222436j:plain

 

イメージとしてはこんな感じ。

初期の領域は1本の車高調で全天候型にしたい+姿勢つくりをしたい部分

中間は空転させながら前に進める領域

オレンジライン以降は追走時に自分より遅い車に合わせるための空転しながら待つ領域

エキスパ以上の車には無駄かきする領域が絶対にある(はず)実際にはこの領域をもたない車両も中にはある。AE86とかあんましない。

 誰しもが低バネレートが正解になるわけじゃない

ここで冒頭の話に戻るけど、自分より遅い車がいなそうな環境だったり、追走をしないような環境の車が低バネレート仕様をしたとすると・・・

走りやすくはなるかもしれないけど、無駄かきする領域がある分、絶対的なドリフトスピードは落ちるから早い車にはさらに離される、低バネレートの影響で振り返しはだるくなる、といいことよりもデメリットの方が目立ったりする。

仕様変更自体もバネを買ったりしなきゃなのでタダではない。

 

 

自分のマシン、レベルにあったセッティングをしよう

なんだか月並みな表現だけどこれにつきるとおもう。人のセッティングはあくまで参考にしかならないわけで、真似したっていい結果が出る保証はない。同じ車種でもパワー、切れ角、アライメント、使っているタイヤ、乗り方等々全く同じということはなかなかありえない。

セッティング迷子っていう言葉があるくらい、自分の中に軸がなければ闇雲に人のセッティングをコピペするのはオススメできない。低バネレートセッティングをしているドライバーは常勝か?常に誰が勝つかわからない接戦を繰り広げるのか?

そうでもないのがそれを証明しているのではないか?わかっている人が明確な目的をもってそれをするから結果がでてきているんだと思う。

ドリフトにテンプレオススメセッティングなんて実は無いと思っている。シルビアならとりあえずフロント8kリヤ6kとか言っても車高ベタ下げなら足の動きもクソもないし、走るときだけリヤ205幅とかっていうのもまたしかり。

結局は自分で現状を把握し、考えて自分に合ったセットを作るしかないのだと思う。

そんなわけで足回りのセッティングを考えてる人用に現象ごとの仕様変更方針をFAQっぽくまとめてみた。

 

※2速、3速域程度のコースをそれなりにドリフトできる人向けです。ワンコーナー、ふりかえし一発で回っちゃう初心者の人はあまり参考にならないかもしれません。

 

 

 

車両挙動の傾向と対策(案)

※車高は純正同等とします(マイナス2センチ以内)

※タイヤエア、アライメント、乗り手の問題などはできるだけ割愛し、車高調部分の調整に関して記述します

 

立ち上がりで踏んでも横にしかながれない

トラクション不足でおそらくストロークしてない傾向が強いですバネレートを下げるかバンプタッチの位置を変えてみてはいかがでしょう。プリロードがかなりかかっているなら抜いてみるのもいいかもしれません。

 

立ち上がりで踏んでも空転量だけが増えて前に進まない

トラクション不足でおそらくストローク不足です。バネレートを上げてトラクションキャパを上げるかバンプラバーを吟味してみてはいかがでしょう。プリロードをかけるのもありです。

 

ふりかえした直後に一気にスピン角度までついてしまう

1G状態での伸びストロークが少なすぎる可能性があります。トラクションが足りているならバネレートを下げてもいいかもしれません。もしくはヘルパースプリングで伸び量調整、ダンパーの減衰調整ができるなら減衰力を上げてみてもよさそうです。

 

ふりかえし後の安定期に耐えれずクリップとった後にスピンしてしまう

純粋にふんばりが足りてないので減衰上げれるなら減衰上げ、トレッド拡大、タイヤの空気圧調整(下げ方向)等で改善が期待できそうです

 

ふりかえしで引っかかる、頑張ってふりだしても角度が付くのがだるい

1G状態での伸び過多、ダンパーの伸び減衰強すぎ、バネレート低すぎなどが考えられます。バネレートアップ、プリロードかけ、減衰調整(抜き方向)などで改善できそうです。ふりだしのだるさに関してはフロントキャスターの影響も考えられます

 

立ち上がりでドリフト維持(空転維持)するのがつらい

トラクションとエンジンパワーがいいとこどっこいになってます。速さはでますが楽にしたいならバネレート下げやタイヤのエア圧上げ、ダンパーの縮み減衰抜き等で楽になります

 

こんなところだろうか。

ひとまずの狙いどころは、ドライでそれなりのスピードをもちながらラインの融通ができて、雨でも姿勢が作りやすくて安心して走れるっていうセッティングが出来上がればいいとおもう。

 

・・・と、まだまだこれだけではないのですがひとまずこの辺で。

 

 

 

 

 

※追伸

耐荷重からスプリングを選定するセッティング法をまとめました。興味ある方はこちらもご覧ください

 

www.radblack.work