BRZ+EFR

86/BRZ車いじりのブログ

フロントキャンバーとSAI

GWに入って時間ができたので、

先日の 

www.radblack.work

 ロアアーム交換で変わってしまったフロントアライメントを修正することにしました。

 

 

 

f:id:d_n113:20180430181221j:plain

 

 

久しぶりの青空整備なのでヒーヒーです。

天気が良くてホントによかった・・・

 

現状としてはやっつけでタイヤをフェンダーにおさめるためにアッパーマウントでキャンバーをつけてしまい、2cm伸びたロアアームとの相乗効果でキングピンアングルが以前より傾いてしまっていること。

これが乗ってみたら非常に具合わるいので取り急ぎ修正します。

 

f:id:d_n113:20180430180901j:plain

フロントストラット構造の車両はアッパーマウントの位置とロアアームボールジョイントの位置で疑似的なキングピンアングル(以下SAI)をつくるので、SAIを減らす場合はアッパーはなるべく外側を使います。

しかしエンジンルーム汚い・・・

 

f:id:d_n113:20180430180909j:plain



 アッパーで稼いでた分のキャンバーはキャンバーボルトで地道に調整します。

これがわりと時間食うのでロアアーム替えたときは調整できなかったんですよね。

 

ここで稼ぐとSAIは変わりません。多分。

・・・このタイプのボルト賛否両論だったりするんですが、背に腹は代えられないというかなんというか。

 

 

f:id:d_n113:20180430182712j:plain

 

 

リヤの車高調も別タンに替えようかと思ったんですが時間が足りなかったのでまた後日。 

 

さて、ドリ車のフロントアライメントについてなんですが、

やれハイキャスがいいだの逆にキャスターいらないだのキャンバーは何度以上要るだのっていう話を聞いたりします。

・・・が、自分としては正解は決まってません。全部の車種において。

 

よく知り合いの間で話をするのは、

f:id:d_n113:20180430183323j:plain

フルカウンターの時のココ(赤丸)がポジりすぎて転がり悪くなっていないか。

ココがポジりすぎてると切れ角あってもうまく転がってくれません。

ハイキャスで超タイヤ斜めにして角で走らせて面圧抜いてフロント逃がすっていう方法もありますが、ステアリングレスポンスがだるくなったり、インフォメーションが薄くなったり、ブレーキで止まらなくなるので考える必要があります。

 

 

これのポジをなるべく穏やかにするためにキャスターとSAIを緩くしたいけど緩くしすぎればまた悪影響がでます。

 

じゃあ最初のキャンバーつければいいじゃんってことで直進時のキャンバーを増やせば振り出しでフロントのグリップが足りなくなってアンダーが出やすくなります。

アンダー対策でじゃあタイヤ太くすればいいよねってなるけどそもそもBRZにこれ以上タイヤ入れる余地ねえよ!(キレ気味)

これは他の車種でも言えますね。

あとキャンバー増やすにしろ今回の自分のようにアッパーで稼いだりするとSAIも増加傾向になるのでカウンターあてたときのキャンバー変化度も増えちゃって効果が薄いです。

 

なにしても悪いことしかないじゃないか!って見えますが、そうです。

色々な悪いとこのバランスをとって実際の車の動きとフィーリングを調整していかないと安定したドリ車は作れません。

 

ちょっとごちゃごちゃ書きましたがフロントに関しては

・フルカウンター時のフロントの逃げ

・進入、振り返しの時のフロントのグリップ

 これのバランスするとこを追っかけてるって感じです。

キャンバーもキャスターもSAIもトーもすべてはこれのため。

 

 

おそらくグリップの方よりかは適当な感じだと思いますが、

 

 

わけもわからず意味もわからず他人のアライメントを鵜呑みにするとよろしくないので、

アライメント考える時は各要素はある程度理解してからにしましょう。

とまあ、自分も間違ってるのかもしれないので色々実験、実験、実験、です。