BRZ+EFR

86/BRZ車いじりのブログ

杉ノ原レポート 自家用編

ようやっと杉ノ原に走りにいってきました。

f:id:d_n113:20180712215256j:plain

 

今回のテストはリヤ車高調のロアブラケットをピロ化して、スプリングのレート感がかなり下がったので8kでもいけるんじゃないか?っていうテストと、

4cm延長したフロントロアアーム導入によってフルカウンター時のタイヤ干渉がなくなるかどうかのテストです。

 

 

 

ちょっと去年の7,8月ころのに比べると振りの速度が遅くなった(ひっかかる)のと、秋ごろのよりかはトラクションが気持ち落ちた?のか煙がやたらでる車になりました。加速感も去年の秋に比べるとなくなりましたが、去年秋の仕様はクラッチキャパぎりぎりだったので・・・

 

かなりの区間、煙撒きながらアクセル全開でいけるので、速さにはつながってませんが個人的には乗ってて気持ちのいい分類のセッティングでした。振りのぬるさだけなくなればこれはこれでいいかな?

 

 

 

 

 

f:id:d_n113:20180712221929j:plain

 

 

ロアアームの方はタイヤ干渉は多分なくなりましたがタイロッドエンドの干渉はなくならず。

塗装したとこに2点くらい打痕がみえてるのが干渉痕なんですが、スピンもぶっこいてるのでそのときだったりするかも?

スピンしなければ干渉しない様ならギヤボックス壊れることもそうそうなくなりそうですね。

 

 

タイヤ干渉がなくなったら今度は逆関節の症状がチラチラしだして、フルカウンター付近はハンドル回すのに気合がいる状態になってしまいました。

また、フェイントモーションからの1発進入のようなシチュエーションで若干アンダー気味な感覚があって、思い切りフロントを使ってモーションを作れないので、

フロント周りに関しては今後はアンダー対策と逆関節対策が必要になりそうです。

 

 

リヤ足に関しては今回ヘルパーが5mmほど伸びしろを残してた状態で走り切っちゃって(タイヤがおわった)ヘルパー0の具合が確認できませんでしたが、現状なら8kのスプリングをシングルでつかっても怖いすっぽぬけは出ないだろうというのと、

トラクションに関してはバンプラバーの長さの調整でMAXトラクションが決まるのでそこだけ詰めれば2速域の駐車場ならかなり満足な足になりそうです。

 

・・・・が、

このF12、R8kセットはかなり乗り心地が悪く・・・

助手席の人の体調が悪くなるくらいの乗り心地で大変不評なのでもうちょいマイルドさをもった足回りに仕様変更予定です(笑)

いよいよプライマリ化か・・・はたまたシングル+バンプ増しか・・・

 

 

 

 

 

 

 

最後におまけで同乗走行した時に安パイ切りまくってたにもかかわらず外周のダンプに夢中でスピンぶっこくっていうはずかし車載を貼っておきます。

運転中によそ見をしてはいけない(戒め)

 

 

続きは次回。ではではでは。