BRZ+EFR

86/BRZ車いじりのブログ

BRZあれこれ~クラッチ交換編~

前回に続いてBRZのメンテ。

 

 

春先に交換したクラッチですが、やっぱり容量足りなくて滑り気味だったので、またまたクラッチ交換をしました。今回はカバーとレリーズベアリングも交換。

f:id:d_n113:20181228135513j:plain

ドリフトはクラッチの使い方がちょっと特殊なのでヒートスポットがやっぱりでちゃいます。

CUSCOのクラッチもグリップならターボついててもきっと大丈夫なんだろうなあ。

f:id:d_n113:20181228135737j:plain

申し訳程度に研磨。正直フライホイールも交換したほうがいいですねこりゃ。部品取ってないのでまだ頑張ってもらいます。

 

 

 

f:id:d_n113:20181228135823j:plain

新旧比較。

上がEXEDYディスクとCUSCOカバー。カバーの圧着は620kg。

前回のディスクみたくフェーシングのほつれは発生していませんでした。

下がGT-1モータースポーツというところが販売してるドリクラというクラッチで、カバーの圧着は7000NとCUSCOのよりもちょっと高めのものに変更。

(ヤフオクに出品してるものと楽天で出品してるもので圧着力の表記が違ったんですが、問い合わせたところ7000Nとのことでした)

HKSとかのフライホイール交換タイプだとクラッチだけで10万円超えちゃうし、カバーとディスクのみのタイプのコレで持つならかなり割安なので他の人にも勧められそうです。自分の場合、クラッチ3つ目買った時点でフライホイール交換タイプの買える金額かかっちゃってますが・・・

 

 

 

f:id:d_n113:20181228140828j:plain

ささっと組みます。

 

 

 

 

f:id:d_n113:20181228140949j:plain

 エンジン降りてるのでベアリング交換も簡単でした。

 

 

実際に走ってみた感じですが、CUSCOのクラッチと同じ位の重さでした。気持ち重くなったような?GRBの純正クラッチとか、シルビア系のクラッチの方が全然重いです。ほんとにキャパが増えたのか不安な感じですが・・・まあ試してみるしかありませんね。