いもの部屋

整備士くずれの日々徒然

【86/BRZ】自作ショートナックルを作る~その7~ナックル肉盛り溶接

f:id:d_n113:20211203181437j:plain

タイロッドエンドの穴の位置は決まったのですが、ナックルの肉が全くない位置になってしまったので、予定外ですが肉盛り溶接をすることにしました。

 

そんなわけでナックルに余熱をかけるため、ストーブの上にしばらく置きます。

 

 

ダクタイル鋳鉄は専用の溶接棒で溶接しないと駄目らしいので、専用の溶接棒を購入しました。

すごく高いです。

とてもキロでは買えないので、ヤフオクでばら売りしている方から1.6mmの物を10本購入しました。ほんとは3mmの物が欲しかった・・・

 

f:id:d_n113:20211203181944j:plain

 

片方をストーブに乗せて、冷やさない様にしながら交互にパスを通して、左右4本ずつ溶接棒を使い、肉盛りは完了。

ぱっと見サビサビですが、溶接部分は事前にしっかりサビ落としをしてあります。

 

 

f:id:d_n113:20211203182143j:plain

 

終わった後も溶接部の温度低下を緩やかにするためにストーブに乗せます。

なんちゃって焼き鈍しといった感じですね。

とにかく鋳物溶接は急のつく処理はNGの様です・・・というか溶接全般、冷えている状態から作業開始は良くない気がしますね。

 

f:id:d_n113:20211203182534j:plain

 

熱がぬけたのでグラインダーである程度形を整えてみました。

おそらく穴が空く分には足りていると思うのですが、強度確保分が足りているかはまだ不明です。

先に穴あけをしてみて、足りなければさらに盛ります。

というわけで次回はいよいよ穴あけです。

 

お知らせ

パーツレビューをはじめました。実験資料・考察のカテゴリから見ることが出来ます。

 

バナーをクリックすると選択したジャンルに飛びます

車高調セッティング、ツインスプリング、EWP化のまとめなどはこちら

f:id:d_n113:20200909214300j:plain

 

パーツレビュー、その他実験資料などはこち 

f:id:d_n113:20200909214634j:plain

 

 日々の日記はこちら

f:id:d_n113:20200909214812j:plain

 

Youtubeチャンネル開設しました!

f:id:d_n113:20200929203652p:plain

 

新着記事