BRZ+EFR

86/BRZ車いじりのブログ

杉ノ原テスト ~逆関節と二つの車高調編~

f:id:d_n113:20181013212633j:plain

 

 

 

何度目かの杉ノ原に行ってきました。

天気は午前晴れからの午後から雨。

 

 

 

 

f:id:d_n113:20181013212729j:plain

 

 

 

雨ってか霧・・・霧雨?といった感じで、コースがよく見えませんでした。

 

 

かなり久しぶりに日曜の走行会にお邪魔して、3年ぶりくらいに顔合わせた人とかもいたんですがわりとおぼえていてくれてびっくりでした。

 

 

日曜だしギャラリーいるかな?っておもったんですが、そんなこともなく・・・

同乗を頼まれることもなく・・・

 

ひたすら自分のやりたいことをやってました。

 

f:id:d_n113:20181013213045j:plain

 

今回のテスト内容は逆関節対策の効果と最近作った2パターンの車高調セットの実走テスト。

 

逆関節対策はというと、

f:id:d_n113:20181013213256j:plain

 

D-MAXのタイロッドエンドを入れたんですがフルカウンターでホイールと干渉するようになってしまいました。

逆関節は直ったかちょっとよくわからなかったですね・・・

タイヤをさらに外側にオフセットさせれば解消はするんですが今度はバンパーに当たったり、フェンダーが足りなくてタイヤがハミ出てしまったりで、全体的な改修が必要になりそうです。

 

 

で、最近やってたツインスプリングの車高調は午前のドライ路面の時にテストしました。

f:id:d_n113:20181013213616j:plain

 

大体狙ったフィーリングはでて、伸び足もやっぱりこのくらいの方がこの車の良さが出るよねってことをお師匠と確認。

しかし今回後輩にすすめられて導入したマジーニとかいう安タイヤの具合があまりよろしくなく、もうちょいタイヤグリップないと足たたみ切れない感じがありました。

 

 

f:id:d_n113:20181013213845j:plain

 

そうこうしてるうちに表面が崩壊しだしてグリップ低下。

路面温度がなかなか上がらなかったうえに、走行台数多くて走行間隔がひらいちゃってタイヤの温度も上げきれないままだったのでトレッドには優しくない環境でしたね。

 

まあ走れなくはなかったので午後からはBLITZの4k+バンプラバー改修Verを導入。

f:id:d_n113:20181013214156j:plain

 

いい感じに減衰出てきた段階でウェット路面になってしまったのでちょっと比較が難しいのですが、バンプタッチするしないの境目というか、踏める踏めなくなるがツインスプリングよりもはっきりでている車高調という感じでした。

4k領域がもうちょいあれば雨でもそこそこ速く走れる足という感じなのですが、ドライを含めたキャパ的にはどうなんだろうかといったところ。しかし現状ではアクセルパーシャルでゆっくり足たたんでいってもタッチしたらレブまで回っちゃうみたいな状態なので雨でも使いたくはないかな・・・

ならツインの方もウェットで使ってみるかと思ったんですがこの時点で走行時間終了。。

 

 

同じゴールを目指して作ったふたつの車高調でも、乗ってみるとかなりフィーリングはちがうし、好みもでるというのがわかっただけ今回のテストは収穫ありといったところでしょうか。

個人的にはレート変位がマイルドなツインスプリングの方がクセ少ないし万人受けしそうで好きかなって感じです。

 

 

 

 

次の課題は

・フロントハミタイ問題なんとかする

・ツインはもうちょい今のBLITZっぽくやわくてもいいかも?(キャパ次第)

・BLITZはバンプタッチまでのストローク再考してウェットの特性なんとかしたい(キャパ次第)

といったところでしょうか。

いずれにせよ今年はそろそろシーズンオフになりそうなのでやるとしてもまた来年かな・・・いい加減間瀬走りたいな・・・