BRZ+EFR

86/BRZ車いじりのブログ

BESTEXのプライマリースプリングを1G密着させないでツインスプリングを組む その1

結局低レート化をあきらめて行き場のなくなってしまった別タンですが、出血覚悟でいっそこいつをツインスプリング化してしまおうという決意をしたのが8月の後半。

 

f:id:d_n113:20180913224558j:plain

 

低レートの記事の時のようにやりながら記事を書いていこうと思っていたんですが・・・

 

ハマリすぎて書きだせなくなってました

 

 

さすがにそろそろ記事にしていかないとTwitterで吐くだけ吐いておわりみたいな感じになりかねないので失敗談というか、やらかしっぷりを順に書いていこうとおもいます。

 

 

 

 

さて、ツインスプリングでなにしたいかっていうと、乗り心地よく、走りもイケてるドリ車の足を作ろうって思ってツインスプリングに着手しました。

 

※ここでいうツインスプリングはサブスプリングも接地状態では線間密着しないスプリングを使ったセッティングのことをいいます。

 

 

最初はそんくらいほわっとした気持ちでした・・・ほんの遊びだったんです・・・

 

 

f:id:d_n113:20180929212832j:plain

 

プライマリースプリングの購入先として選んだのはBESTEXさんです。

ラインナップが豊富にあり、比較的リーズナブル。

www.bestex-spring.co.jp

 

・・・事前に調べた限りだとプライマリースプリングの評判はイマイチでしたが、

みんな手をだすならこれだろうし、これでカタチにできなければ普及もしづらいかと思ったので人柱的な意味合いもこめてあえてチョイス。

 

画像のものはID63で線間密着350kg、レートはおよそ15kgのもの。

 

選んだ理由はこの時は理屈めいたものは大してなく、先に86でツインスプリングをしていたお方がBaseMというお店のオリジナルスプリングでレート15k、密着375kgのものを使用していたので似たスペックを買ってみようと思ったから。

 

 

 

この時合成レートはとりあえず今の6kを目安にしてメインを合わせればいいだろーくらいな考えで合成レートが6kになるようにメインスプリングは10kをチョイス。

 

 

 

 

 

冒頭の画像のピンクのやつです。こちらは昔D1でも活躍していた方がオーナーの326Powerのチャラバネ。